忙しい毎日の電子レンジ活用術

仕事や家事、育児や趣味毎日の生活の中でやることはいっぱいあって現代人には時間が不足しています。

そんな中でも、毎日食事の時間はやって来ます。

前回は食事を作る際の時短テクニックをお話しましたが、その中でも便利なアイテムである電子レンジの活用術についてお話したいと思います。

電子レンジの使い方

電子レンジの使い方といっても、「材料を入れてチンするだけでしょ?」と思う方もいるかもしれませんが、電子レンジでチンしたときに、一部が冷たかったり、加熱のしすぎでカサカサになってしまったりしたことがある方は多いのではないでしょうか?

材料の形、お皿の置く位置などの工夫で、加熱のムラを防いだり、早く火を通すことができて節電につながったりと電子レンジには使い方のコツがあるのです。

電子レンジの加熱の仕組みは、フライパンで食材に火を通すときとは違います。

フライパンや鍋で食材を加熱するには、火→フライパン(鍋)→食材の順に熱が伝わっていきますので、食材は外側から内側へゆっくりと熱が通ります。

一方電子レンジの加熱は、マイクロ波を食材に照射することにより、食材に含まれる水分子に直接エネルギーを与えて水分子を振動させて温度を上げているため、食材の内側から温まる仕組みとなります。
電子レンジで加熱ムラが起こるのは、このマイクロ波が食材に均一に当たらないことが原因の一つとなります。

電子レンジでおいしくチンするコツ

冷凍の形は□より〇

家庭でつくる冷凍ご飯やおかずの形状は□より〇がおすすめです。

先ほどお話したように、電子レンジの加熱は食材の水分子を振動させて加熱しますが、内側から温まるため四角に冷凍されていると、端の部分が均一に温まらずに冷たく残ってしまうことがあります。

皿の置く位置は、ターンテーブルは端、フラットテーブルは中央

電子レンジの形状には、ターンテーブル型(電子レンジの中央で回転する皿があるタイプ)とフラットテーブル(回転する皿がないタイプ)があります。

ターンテーブル型は、中央より片縁部分にマイクロ波が強く当たるため、食材を端に置いて回転させるほうが熱効率良くなります。

一方、フラットテーブル型はマイクロ波が全体に照射または、食材の位置を感知して照射するため食材は中央に置けばOKです。

ラップ(耐熱用のフタ)の上手な使い方

電子レンジを使用する際、なんとなくラップをかけてチンしている方は多いかもしれませんが、目的によってラップのかけ方も使い分ければおいしく調理することができます。

ラップを使用するメリットは、水分を逃さないことです。電子レンジは、食材の水分子を振動させて加熱するため、加熱された水分が水蒸気となり食材から出ていきやすいという性質があります。

逆にいうと、水分を少なく仕上げたい料理のときにはラップをすると水蒸気がラップの内側にたまり水っぽくなってしまうためラップをしないほうがおいしく加熱できます。

ラップをするもの 水分を逃さずしっとり仕上げたい食品
  • 蒸しもの
  • 冷凍した食材
  • ご飯
油や調味液がはねたりはじけたりしやすい食品(庫内が汚れるため)
  • カレーやシチュー
  • 煮物
  • タレのかかった食品(ハンバーグなど)
ラップをしないもの 水分を飛ばしてカラっと仕上げたい食品
  • 焼き魚
  • 揚げ物
水分が多い食品
  • 汁物(コーンなどはねやすい身がはいっているものはラップする)

よく、電子レンジ調理の説明で「ふんわりとラップをして」という表現がされますが、これはピッタリラップをかぶせて加熱すると、器の中の空気が急激に温められ膨らんで破裂したり、急激に温められた空気が冷めたときに空気が縮んで真空状態になってしまって食材を押しつぶしてしまう恐れがあるためです。

ラップをして電子レンジで加熱する際には、空気の逃げ道を作っておきましょう。

電子レンジの注意点

殻や膜に覆われている食材を加熱するのは注意!

「ゆで卵を電子レンジで加熱するのは危険」という話は聞いたことがある方も多いかもしれませんが、殻や膜に覆われている食材を加熱する際は要注意です。

実は、わたしも小学生の頃ゆで卵を温めようと電子レンジにかけたところ「バン!!!」という音と共に卵を破裂させた経験があります。電子レンジを開けてみると、それはもう無残に卵の形はなく破片がすべて壁についていて掃除が大変だったこと・・・(食べようとしたときに爆発していたら大やけどだったので、掃除が大変程度ですんでよかったんですが)

卵やウインナーなど、殻や膜に覆われた食材は、電子レンジで加熱することにより中の水分が急激に膨張して行き場がなくなって飽和状態になったときに爆発することがあります。

どうしても電子レンジで加熱したい場合は、穴を開けたり包丁で切り込みを入れて空気の逃げ道を作ってあげましょう。

殻や膜に覆われている食材の例

卵・ソーセージ・レバー・タラコ(明太子)・オクラ・ナス・魚(丸ごとの魚)・イカ
※卵は、殻を割ればOKではなく、黄身の薄い膜も爆発の原因になります。電子レンジ調理する際は、竹串などで数か所穴を開けてください。

アルミホイルや金属の入った皿には注意!

アルミホイルや金属の入った皿を使用すると、火花が飛び散り、電子レンジが故障する恐れがあります。
アルミホイルや金属の入った皿に入っている食材は、耐熱皿(容器)に移し替えて電子レンジで加熱するようにしてください。

加熱のし過ぎに注意!

加熱する食材や気温、湿度、器の種類や大きさによっても加熱する時間は変わってきます。加熱のしすぎは、食材を焦がしたり、突沸の原因となります。
※突沸とは、液体が沸点を超えていても沸騰を起こさない状態で、衝撃(振動や調味料を入れたり)を加えると急激に沸騰して中身が飛び出し、やけどにつながります。

加熱時間の目安はおおよそ「食品の重量に比例」します。

電子レンジのW(ワット)数によっても加熱時間が変わりますが、現在標準的な家庭の電子レンジは600Wですが、500Wの電子レンジの場合は1.2~1.3倍の加熱時間となります。

野菜の加熱調理の目安時間

野菜の加熱調理の目安時間を知っておけば、料理の下処理や調理に役立ちます。

素材名 分量 設定時間(600W)
葉もの野菜
(ほうれんそう・こまつな・チンゲンサイなど)
200g 2分~2分30秒
かぼちゃ 200g 4分
にんじん 100g 2分~2分30秒
もやし 100g 1分~1分30秒
なす 100g 1分~2分
じゃがいも 200g 4分
さつまいも 200g 4分

※切り方や気温、湿度、機種によって加熱時間は変わってくるので目安にしてください。素材そのものの形より、カットしたほうが火の通りは早くなります。

電子レンジを使った簡単朝食レシピ

マグカップオムライス(1人分)

材料
  • ご飯 100g

  • ウインナー 1本

  • ミックスベジタブル(冷凍) 大さじ1

  • ケチャップ 大さじ1

  • スライスチーズ 1枚

  • ●卵 1個

  • ●塩コショウ 少々

下準備

1. ウインナーは輪切りにする
2. ●を混ぜ合わせておく

作り方

1. マグカップにごはん・ウインナー・ミックスベジタブル・ケチャップを混ぜ合わせる。
2. 1の上にスライスチーズを乗せ、●を入れたらふんわりとラップをして600Wの電子レンジで1分30秒加熱してそのまま2分蒸らせば完成♪

資料ダウンロード、無料サンプル、導入のご相談は
下記よりお問合せください!
0120-25-8861
お電話受付時間:平日10時〜19時