病院勤務の夜食は永遠の課題?おすすめのサービスはないの?

お疲れ様です!ESキッチンです!
私たちは「働くみなさんの心と体の健康を食事から支えたい!」
をモットーに
100円社食サービスで社員が喜ぶあると嬉しい福利厚生の食事補助の充実をお手伝いさせていただいています。

介護施設や病院で働く方にとっての福利厚生の大切さ

いま超高齢化社会へ突入していく中で人手不足が懸念されている現場が病院や介護施設です。
介護職に就く職員は
2000年の約55万人からの5年間で112万人の2倍に、近年も毎年10万人ずつ増加していて、需要が供給に追い付いていない事が現状です。
しかし毎日忙しく働く現場は日々多忙で休日が取りにくい環境や、夜勤も多くある為健康管理が難しく離職率が高い職場であることもなかなか人員確保が難しい原因のひとつです。
そういった状況を少しでも改善するべく、企業や病院側では
健康経営促進により力を入れたり、社員が喜ぶあると嬉しい福利厚生の導入で従業員満足度を上げて離職率低下の為に工夫を凝らしています。

ある調査では介護施設の現在の福利厚生に対する満足度は14%程と、あまり高くない調査結果が出ています。
しかし就職・転職の際に福利厚生を重視して企業や病院を選ぶという意見は
75%にも上っていました。
この結果から就職先、転職先の病院や介護施設で思っていた福利厚生のサービスが得られないとギャップを感じてしまい、離職に繋がってしまう要因のひとつになっているようです。

介護職の就職・転職先選びは福利厚生の充実が大きく左右する?!

忙しい病院では社員が喜ぶ福利厚生が必須?!
忙しい病院には社員が喜ぶ福利厚生が不可欠?!

人手不足になると従業員ひとりひとりの負担も大きくなってしまい、離職へと繋がってしまいさらに負担が増え・・とこの悪循環から抜け出すことはなかなか簡単なことではありません。
十分な人材確保の為には
1.求職者へのアピール
2.入社後の従業員満足度の向上
この
2点が大切です。

実際の介護の現場は平均勤続年数が5.4年と一般企業の平均勤続年数の12年を大きく下回っています。
人手不足である業種であるけれど、新しく仲間となった従業員さんに長く働いてもらう事が他の企業に比べて難しい職業であることが分かります。

では、そんな中でも離職率の低い施設や病院ではどのような取り組みが行われているのでしょうか?
離職率が低い介護施設に共通して多く取り入れられているものがあります。
それは利用率が高く、社員が喜ぶあると嬉しい福利厚生の導入です。

人材確保に成功している企業はどんな取り組みをしているの?

病院での福利厚生の充実は医療の要!
病院の福利厚生の充実は医療の要です!

実際に離職率の低い施設や病院の取り組みの一例を上げてみると・・
▷資格取得支援制度
スキルアップ・キャリアアップを目指している方にとって、その企業にいる大きなメリットとなる。

▷特別休暇制度
ワークライフバランスを重視する為に求められる。
企業独自の誕生日や記念日、リフレッシュ休暇をバランスよく取り入れることで、現場の従業員同士の負担を偏りなく取得させる工夫をしている企業もある。

▷食事補助
昼食補助、利用者様向けの食事サービスを社割での提供などが多い。
施設の周りにコンビニ・飲食店等が少なく苦労する方が多く、食事補助は特に現場の従業員に喜ばれる制度のひとつ。

企業側でも様々な工夫を凝らし、定着率の上昇・離職率低下に力を入れています。

他にもあの手この手で経営陣の方々は人材確保の為の取り組みを多く導入していることから現在の介護・医療の現場の人手不足の深刻さが分かりますね。

病院・介護施設で夜食補助や食事補助が大切な理由

いま実際に人手不足で困っている病院・介護施設にとっては出来るだけ早く人手不足を改善したいと考えるはずです。
しかし実際に制度の導入や、人手が少ない中で特別休暇をいきなり増やすことは現実的ではなく準備にも膨大な時間が掛かってしまうケースもあります。
そこで、より取り入れやすくて効果的なものから取り掛かっていくことで定着率の向上、離職率の低下を目指していくことになるでしょう。

先ほど紹介した一例の中で、病院や介護施設側にとって最も取り入れやすくて、現場で働いている方々に求められているのは食事補助制度です。
食事補助というと食堂を真っ先に思い浮かべる方も多くいらっしゃると思います。
食堂は需要も高く人気な反面、設営に費用や時間が掛かり、導入後の人件費の確保も必要となるデメリットもあります。
さらに規模によってはそもそも食堂を設けることは難しいという点や病院では夜食補助の需要も高いため、実現が難しい場合が多いようです。

それでも病院や介護施設へ食事補助制度をお勧めしているのには理由があります。
食事補助は一般企業でも福利厚生の中で最も人気の補助制度です。
さらに、病院など夜勤のある現場では体力が必要な環境であるにもかかわらず、食事の準備にかけられる時間がとれないという現状が多い為、食事補助があることは働いている方にとって魅力的なメリットになることが多いのです。

食事補助でも求められるサービスは他とは少し違う?

病院での夜勤は体力勝負、夜食がサポート!
病院の夜勤は体力勝負、夜食でサポート!

例えば食堂での食事補助となると、利用できる時間は日中と限られていることが多いですよね。
しかし看護師さんや介護士さんが実は本当に食事補助をしてほしい時間帯は昼食だけではありません
夜勤や休憩時間に食堂が開いていない場合はどうしてもコンビニで何か買ってきておいたり、患者様と同じ病院食を夜食として食べていたりするそうです。

では病院で働いている方は夜食についてどのような思いを持っているのでしょう?
「どの時間の勤務でもお弁当が支給されます。夕食はみなさん食べられていますが、夜勤明けの方々は食べずに残して帰る方が多いですね。」
「夜勤の時の食時はおいしいものを食べることでモチベーションアップに繋がるので大切にしたい」
「準夜勤は食事補助で出前があるけれど、夜勤は病院内での夜食の手段はなく食事補助もない」
「夜勤の時は菓子パンだけ支給されます。健康面を考えて自分でお弁当を持って行きます」

職場によって食事補助の形はそれぞれのようで、食事補助の制度があっても利用していない方も実は結構多いように思います。

病院は夜食補助がキモ?!医療や介護職の食事の実態

頑張っている看護師さんに食事補助を!
頑張る看護師さんたちに食事補助を!

なぜ病院や介護施設での食事補助の従業員満足度は上がりにくいのでしょうか?
病院等での夜食補助が夜勤
(深夜勤務者)の場合は基本的に現物支給のみが福利厚生として認められ、課税対象となります。
つまり夜勤に食事補助を提供している社食サービスの質が、そのまま食事補助の満足度に影響していることがひとつの要因と考えられます。

この夜勤の食事問題をカバー出来ていて、さらに食事の質の向上で得られるメリットは
求職者へのアピールポイントになる
・今の夜勤での食事補助制度に不満を持っている方へのフォローになることで離職率低下に繋がる
病院内での夜食の質を上げる事で健康経営促進が期待できる

今働いている看護師さん・介護職の方、人材確保に伴う募集においてこれからの求職者へとどちらに対しても企業・病院への信頼に繋がるメリットばかりです。
さらに健康管理のサポートは命を預かる看護師さん、生活を支える介護職の方を支える病院や介護施設にとっても重要な課題でもあるので、働く方だけではなく関係するすべての方にとってもメリットと言えるのではないでしょうか。

介護施設・病院には夜食にも活用できるオフィス社食サービスを

病院の夜食問題の解決は地域医療向上にも繋がります!
病院での夜食問題解決は地域医の療向上にも繋がる!

・どんな規模の施設にも取り入れやすい
・時間を気にせずに食事補助を利用したい
・夜勤や休憩中に健康的でおいしい食事でモチベーションを上げたい

この条件を満たすには、病院の夜食にも取り入れやすい社食業者の導入・外部委託による社食サービスがピッタリです。
その中でも
ESキッチン100円オフィス社食サービスをオススメします!

⇒社食の導入はとても簡単、準備するのは電子レンジと設置スペースだけ
⇒真空パックされた美味しい惣菜をレンジで1分温めるだけで食べられるので、時間がない休憩時間にも手軽に栄養補給が実現可能
100円社食サービスを導入した企業では利用率も高く、導入後離職率低下の実績あり!

そんないいこと尽くしなサービスって本当?
と半信半疑の方へ、100円社食サービスを1ヶ月無料で試してみませんか?
100社限定にはなりますが、ただいまキャンペーン中につき1ヶ月無料で実際の社食サービスをお試ししていただくことが出来ちゃいます。

毎日頑張る看護師さん、介護施設の職員さんへの健康面での安心感、一息つける職場環境作りにESキッチンのオフィス社食サービスでもう一工夫いかがでしょうか?

資料ダウンロード、無料サンプル、導入のご相談は
下記よりお問合せください!
0120-25-8861
お電話受付時間:平日10時〜19時