腸にやさしい和風食材♪

&

ESキッチンのおすすめ食べ合わせメニューです。

ESキッチン管理栄養士
215kcal

68.9kcal

八丁味噌は、もともとは愛知県岡崎市にある岡崎城から八丁(約800m)離れた八丁村で作られていた長期熟成の味噌の名前です。
現在では、製法・原料・熟成など細かい基準を満たした豆味噌が八丁味噌として販売されています。

全国的に赤だしといえば塩辛いイメージがありますが、八丁味噌は味噌の中でも塩分が少なく、大豆を原料としているためアミノ酸が豊富で旨味が強いという特徴があります。

八丁味噌は大豆を原料とした発酵食品のため、腸内の善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維が豊富な食材です。

そんな八丁味噌を使用した「八丁味噌バーグ」と相性の良いメニューが、「かぁさんの金平ごぼう」に使用されているごぼうです。
ごぼうは、野菜の中でもトップクラスの食物繊維量を誇りますが、特に優れた点が、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維のどちらも含む点です。
2種類の性質の食物繊維を同時に摂取することにより、腸の調子を整えてくれる効果はアップします。

管理栄養士 こむらん
こむらんESキッチン管理栄養士
  • 管理栄養士
  • フードコーディネーター
  • 調理師

おいしい料理を作ることと食べることが大好きです。
皆様の食生活をより豊かにするお手伝いができればと思いますので、よろしくお願いします。

資料ダウンロード、無料サンプル、導入のご相談は
下記よりお問合せください!
0120-25-8861
お電話受付時間:平日10時〜19時