【海外駐在員向け】福利厚生でオススメの食事補助

こんにちはESキッチンです!
私たちは現在、日本で働くみなさんに手作りのお惣菜を福利厚生の食事補助として
100円社食サービスを多くの企業様へお届けしています。

【海外駐在の需要にマッチ】食事補助はおすすめの福利厚生

いま日本では社員が喜ぶ人気・オススメの福利厚生は生活に密接に結びつく【食事補助】が常に上位となっています。
同じ日本人が働く企業でも海外転勤などで国外で働いている方にとってはどうでしょうか?
海外赴任の時の食事事情や福利厚生のあり方などを掘り下げながらみてみましょう!

この記事では海外駐在員にオススメな福利厚生の食事補助についてご紹介します。

海外赴任こそ食事補助が必要?
海外赴任者にこそ食事補助が必要?

海外赴任後に食事問題に直面する人は多い?

近年グローバル化が進み、海外へ進出する日本企業が増加しています。
海外での日本ブームやコストの安さ、科学技術の進歩によるマーケット拡大のしやすさもあり大企業に限らず多くの中小企業も海外への事業を広げています。
それに伴い、海外で頑張る日本人が増加していることは言うまでもありません。

もともと日本で生活していた方が海外転勤が決まった場合どんな問題が考えられるでしょうか?
家族帯同・単身赴任どちらの場合でも生活の基本である衣・食・住を最も先に考えなくてはならないことになってきます。
とは言っても衣・住に関しては引越の問題や住まいは会社側で用意があったりと最低限の事になるのでまず確保は出来ます。
他にも家族帯同の場合は子どもの学校のことや言葉の壁など立ちはだかる壁は盛りだくさんです。
これらはなんとか生活していく中で慣れもあり日々を過ごしていくことになると思います。

しかし、慣れて来た頃にホームシックになる方が多いそうです。
これは働いている方のみならず帯同された家族の方にも起こりうることですね。
そしてご存知でしょうか?ホームシックと食事には深い関係があるんです・・。

日本食がホームシックの救世主?
日本食の惣菜がホームシックの救世主になる?

食事を考えることが海外赴任生活のキモ

食事は人間の感情に深い結びつきがあります。
おいしいものを食べた時にはテンションが上がったり、甘い物を食べてリラックスしたり。
こんな経験はみなさんも日々の中で感じることも多いのではないでしょうか?
そしてもちろん慣れ親しんだ食事を摂ることで、心はもちろん体に合った食事で私たちは健康を維持しています。
それが海外でも同じ様に出来るかというと、現実問題は難しくここにもいくつもの壁があります。
しかし身心の健康を保つことこそがホームシックの一番の対策になります。
それでは海外の食事事情にはどんな問題があるのでしょうか。

海外赴任先の外食はコストがかかる

まずはコスト面です。
例えばイタリアには手軽に外食が出来る場所が少ない国と言われています。
日本ではランチでもワンコインで十分なクオリティの食事が楽しめますし、都会なら選択肢も多くあります。
しかしイタリアだとランチで外食をするとなら10ユーロ(約1300円)~が相場です。
旅行ならまだしも、毎日のランチが
1000円オーバーは痛手ですね。
それに選択肢がないと更にコストも増えてしまい、おなかは満足しても家計が苦しくなってしまいます。

海外の食事が合わずに栄養が偏りがち

つぎに栄養面です。
海外赴任先が必ずしも食事が合う国とは限りません。
調味料や味付、調理方法の文化が異なると食べられるものが決まったものだけになってしまうという海外駐在員の方も少なくないそうです。
高価でも通販サイトで日本の食材を購入している
日本に帰った際に日本の缶詰を大量に買い込んでなんとか凌いでいる・・!
なんて努力をして乗り切るという方もいらっしゃるそうですよ。

海外で日本食の入手は困難!
海外赴任先で日本食のお惣菜は入手困難?!

海外駐在員への福利厚生に食事補助導入で離職率低下?!

海外駐在員・企業の双方にとってホームシックになってしまった最悪の結果は離職です。
これはどちらにとっても避けたい道ですよね。
先ほどご紹介したホームシックの原因が少しでも緩和されるためには【安心できる食事】が大切なことがわかりました。
しかし本社が日本にある企業や、拠点の食事事情からカバーする事が難しいというのが現状です。
もちろん海外展開する日本企業や海外の企業でも福利厚生として食事補助は多く取り入れられていて、コスト面などは現在でもサポート体制が整っている企業もあります。
しかし、そもそも現地の食事が合わない、栄養面で自分で管理する事が難しい、などまだまだ問題は山積みです。

健康経営は海外赴任者にこそ力を入れるべき重要課題

海外赴任中は医療の心配も尽きない
海外赴任中の医療はどうなる?

さらに、昨今SDGsなどもあり世界中で注目されている健康経営についても、食事が大きく影響します。
国内でも多くの企業が力を入れていて、生産性の向上はもちろん医療料の削減、そしてそれが離職率の低下に繋がります。
ここで注目したいのが医療です。
海外赴任の時に病気になってしまったらどうしよう・・病院でうまく症状を説明することが出来るのか・・保険ってどうなるの?
などなど海外での病気に関する不安は誰しもが思う問題のひとつではないでしょうか。
こんな不安を抱えてしまうと仕事にも影響が出てしまいますよね。
だからこそまず健康を保つこと、病気に負けない元気な体づくりをしたいと思うはずです。
そう、実は海外で頑張る日本の方にこそ健康経営がもっとも重要な課題だったのです。

オフィス社食サービス導入で海外転勤の不安解消

個人で健康管理はそれぞれみなさん工夫を凝らしていると思いますが、やはり国によっては限界もあります。
そんな時、企業側がサポート出来れば海外赴任時も安心して日々の生活を送っていけると思いませんか?
実はこのニーズにピッタリな解決策があります。
それは【日本食のオフィス社食サービス】です。
冒頭で少しお伝えした
ESキッチンの社食サービスは海外でも利用していただけることが出来るんです!

しかも日本国内と同等のサービスを受けることが出来るので、オフィス社食サービスのお惣菜を食べて働くみなさんに日本を感じてもらえること間違いなしです。
現在日本では社員が喜ぶ人気・オススメの福利厚生の食事補助として大活躍していますが、この社食サービスは同じ企業でも所属している部署の国が違うだけで福利厚生が不公平になってしまう・・なんて心配もありません。

さらにサービス内容についても日々進化中なので
「海外発送分は和食オンリーで日本を思いながら従業員に食事で身心ともに健康になってほしい!」
なんて企業様のニーズが叶う日も近いかもしれません!
これまで海外赴任で特に食事についての不安があり、海外事業部がある企業は・・と思っている方にとっても安心なので、求人の際のアピールポイントとしても活用できますね。

海外で頑張る方へ惣菜パワーをお届け
海外転勤で頑張る方に惣菜パワーをお届け!

社食業者として海外で活躍する人を日本食通販でサポート

ESキッチンはこれまで多くの日本企業で頑張るみなさんの食事をサポートさせていただいております。
このノウハウを国内にとどまらず世界中の海外駐在員さんに日本食の福利厚生で健康になってほしい!という思いでサービス展開拡大中です。
【手軽に】【おいしい】【健康的な】オフィス社食サービスで海外で活躍するみなさんを応援します!

お申込みも国内と同じくHP上で行えます。
ご興味を持っていただいた方はまずサービス内容の詳細案内だけでも大歓迎です、ぜひ一度お問い合わせください。

資料ダウンロード、無料サンプル、導入のご相談は
下記よりお問合せください!
0120-25-8861
お電話受付時間:平日10時〜19時